刊行物

学位論文

博士学位論文は本学附属図書館のCURATORに登録され、全文をPDFファイルで閲覧することができます。

 博士学位論文(後期課程)

博士(学術) 
氏 名 タイトル 授与年月
AKBARI HOURIEH ペルシア語母語話者の儀礼的相互行為―日本語による接触場面と母語場面の比較― 2018年3月
岡野 孝信 日本における医療労働組合の歴史的特質―戦前・戦後の生成過程より― 2018年3月
崔 英才 接触場面における日本語学習者の終助詞「ね」「よ」「よね」の使用に関する研究―発話連鎖効力と日本語母語話者との相互行為の分析を中心に― 2017年9月
勝田 聡 保護観察中の性犯罪者の性的認知の歪みに関する研究 2017年3月
陳 卓君 日本と中国の小学校における異文化間交流―日中の漢字題材の視点を踏まえた共同授業実践から― 2017年3月
河合 文 生業経済と市場経済からみた環境認識と利用実践―マレーシア半島部・クランタン川上流域における狩猟・採集・交易実践を事例として― 2016年3月
斯日古楞 食文化の資源化における民族と地域―現代内モンゴルにおける「モンゴル料理」の分析を通じて― 2016年3月
鄒 暁依 長期滞在中国人の言語レパートリーの研究
―接触場面会話における動詞使用と言語管理を中心に―
2015年9月
中川 雅智 現代人の肩こりの特徴と対策についての考察 ―将来を見据えた教育・指導の必要性について― 2015年3月
松葉 ひろ美 日本の福祉思想と生命観 2014年3月
大浦 明美 ケアとしての身上監護 ―地域における「その人らしさ」を維持するための支援― 2014年3月
周 宇嬌 小泉政治論 2014年3月
楊 昉 日中接触場面における中国語母語話者の不一致応答の言語管理,生成のプロセス 2014年3月
阿部 学 ある「自由保育」実践のエスノグラフィー;〈リアリティ-ファンタジー〉構造の再検討 2014年3月
鈴木 隆雄 当事者の語り合いから生まれる「自画像」 ―支配的文化の「他画像」に対する批判― 2013年9月
那木拉 生態移民とは ―内モンゴル・シリーンゴル盟生態移民政策の実態を探って― 2013年9月
工藤 由美 先住民組織からケアを描く-チリの首都におけるマプーチェ組織活動の民族誌- 2013年3月
佐藤 敦 セネガル共和国・セレール人村落における文化と開発-日常的実践と呪術、そして調査者の視点の変容 2013年3月
北山 裕子 新しい支援に向けての考察-福祉の領域と医療の領域の事例を通して- 2013年3月
戴 林 中国における教員養成カリキュラム研究-教育実践課程を中心に- 2013年3月
田川 史郎 現代社会における音楽著作権の私有と共有 2013年3月
阿拉騰其木格 「沙漠」の緑化・開発の現実と土着知識-内モンゴル自治区ダラタ旗のエンケイブ(恩格貝)「沙漠」産業開発モデル区を事例に- 2012年3月
王 冰菁 日中接触場面と日本語母語場面の会話における人称表現の生成と管理 2012年3月
金沢 佳子 少子高齢時代の世代間継承-「家」と家族と個をめぐる社会学的考察- 2012年3月
安 貞美 メディアにおける移住女性の表象――韓国・フィリピンを中心に 2011年3月
小笠原 春菜 A.センとM.ヌスバウムの比較研究-自由と必要- 2010年9月
SHEILA GAMUT OYAO Teaching elementary science through hands-on investigation in the Philippines 2010年3月
三浦 朋子 社会システム形成学習のための教材開発-法化社会の動態的認識を前提として- 2010年3月
張 嵐 日本と中国における「中国残留孤児」三世代に関する社会学的考察-生活史とアイデンティティの視点から- 2010年3月
李 文哲 中国朝鮮族における延辺テレビの意味 2010年3月
     
博士(文学) 
高木 晋一郎 北総地域における近代交通の展開 2018年3月
渡邉 友美 共同正犯における共同意思と共同実行との関係 2018年3月
小林 嵩 房総半島における弥生文化の研究 2018年3月
宮下 美砂子 いわさきちひろと戦後日本の母親像―画業の全貌とイメージ形成をめぐって― 2017年9月
久保田 さゆり 動物の倫理的重みと人間の責務―動物倫理の方法と課題― 2017年3月
大塚 萌 日本マンガの独・英翻訳比較研究 2017年3月
深澤 美香 加賀家文書におけるアイヌ語の文献学的研究 2017年3月
坂倉 涼 一人称的観点と外界 2017年3月
徳本 和也 様相の形而上学における現実,存在,偶然 2017年3月
池田 健雄 華北占領地居留民社会の研究―太源・石家庄・済南と北京・天津・青島の特別市― 2016年9月
王 慈敏 現代日本語における価値判断のモダリティに関する研究 2016年9月
小林 美紀 アイヌ語動詞の結合価と項構造 2016年3月
松田 光太郎 縄文時代前期後葉の広域土器編年に関する研究―諸磯式土器とその隣接土器型式を中心として 2016年3月 
王 守利 連体修飾節におけるテイタのアスペクト的意味に関する研究 2016年3月 
馮 英華 村上春樹文学における「想起の空間」 ―追憶・歴史・中国 2015年3月
孟克巴図 内モンゴルにおけるモンゴル民族教育に関する社会学的研究 2015年3月
SAJEEWANI DISSANAYAK 多言語国家スリランカの言語使用状況 ―シンハラ語話者とタミル語話者のコードスイッチング― 2015年3月
吉沢 文武 死と生の形而上学―存在と非存在をめぐる二つの直観について― 2015年3月
祎丽琦 モンゴル語チャハル方言における漢語借用 ―動詞と副詞の借用を中心に― 2014年9月
身﨑 とめ子 視覚の占領 戦後住空間のジェンダー ―CIE/USIS映画 その影響と限界 2014年9月
劉 峰 近代日本の「アジア主義」 2014年3月
張 昕 現代日本語における「形式名詞+ダ」型モダリティ形式の記述 ―その否定的形式を中心に 2014年3月
池田 さつき 指示の「諸相」についての一考察 ―指示表現の理解における〈情報〉の意義を中心に― 2014年3月
武蔵 義弘 色彩をめぐる考察 2014年3月
長山 明弘 加曾利E3式土器の「組列」編年と動物形象突起の変遷 ―土器論を基礎とした先史文化の研究に向けて― 2014年3月
裴 峰学 想像の中華共同体 ―金庸武侠小説を中心に― 2013年9月
村瀬 智之 knowing-Howと傾向性-統一的な理解とその意義- 2012年9月
三村 達也 近代日本における庶民住宅の史的考察-建築学者西山夘三の住宅研究を中心に- 2012年9月
丸井 敬司 千葉氏における妙見信仰の表象的研究について 2011年9月
黄 成湘 「の」による格助詞の連体関係への転換に関する研究 2011年9月
日高 博敬 規則のパラドックスについて 2011年3月
内田 健介 モスクワ芸術座の『桜の園』――演出家スタニスラフスキーと作家チェーホフ 2011年3月
陳 燕燕 近代中国における外国文化の受容とジェンダー――20世紀初期から20年代における外国理論の翻訳と女性像の変化をめぐって 2011年3月
朴 銀姫 越境文学のリゾーム性――朝鮮の日本語作家金史良をめぐって 2011年3月
南 鉄心 亡命する文学-「中国朝鮮族」の作家・金学鉄の文学について 2010年9月
戴 松林 梶井基次郎の創作方法の研究-体験主義文学の系譜との関わりを中心に- 2010年3月
犬塚 康博 20世紀日本の博物館に関する研究 2009年3月
牧野 悠 柴田練三郎・剣豪小説論―眠狂四郎を中心に― 2009年3月
廖 郁雯 日本語名詞の格形式と中国語介詞構造との対照的研究―デ格を中心として― 2009年3月
     
博士(経済学) 
胡 紓寒 Towards Sound Management of End ‐of ‐life Vehicle in China(中国における使用済み自動車の適切な管理のための研究) 2013年9月
尹 相国 中国国企業の株式会社化-コーポレート・ガバナンス論の視点から- 2012年9月
吉尾 博和 シュンペーターの経済社会学-内生的進化の体系- 2012年3月
木村 典弘 組織形成と技能形成-アーキテクチャー論の視角から- 2011年9月
斉 海山 アジア諸国の多様性と経済統合――概念整理とその実証分析 2011年3月
呉 百梨瑛 資本構造(金融構造)と経済発展 2009年9月
藤井 保紀 暖簾の会計処理が示す企業会計の方向性 2009年3月
王 維婷 現代中国における新中間層の形成とその性質―中間管理者層と労働者層との比較に注目して― 2009年3月
     
博士(法学) 
金子 洋一 国際私法における相続準拠法の適用範囲について 2014年3月
亀井 隆太 保証人の求償と弁済の代位に関する研究 2013年3月
魏 倩 労働者のプライバシーに関する法的研究――日本・アメリカ・中国の比較 2011年3月
西向 勇気子 「身体」の法的性質 2010年3月
吴 哲 契約締結上の過失に関する一考察-諸国の立法・判例から中国法への示唆- 2010年3月
姜 栄吉 取締役の監視義務-違法行為を防止する仕組みにおける取締役の役割を中心に- 2009年9月
     
博士(公共学)  
朱 迅 中国における資源立地型都市の経済転換に関する研究―空間,再生可能エネルギーの視点を中心として 2017年3月
岡山 咲子 大学における学生主体の環境マネジメントシステムの現状とその展開―「学内実務インターンシップ」の提案― 2017年3月
妻鹿 ふみ子 「ボランティア終焉論」後における支え合いの思想と実践―コミュニタリアニズムとケア・居場所― 2016年9月
馬上 丈司 再生可能エネルギー政策における地方自治体の役割に関する研究 2011年9月

博士学位論文(論文)

博士(学術) 
氏 名 タイトル 授与年月

今 千春

日本の韓国人居住者の外来性管理 ―接触場面における習慣化された日本語の管理の観点から―

2018年3月

竹澤 伸一

「社会科環境学習」が創造する「ライフヒストリー(人生史)」の研究―「公民的資質」育成に関する「社会貢献科」開発を展望して―

2016年3月
古澤 美映 実験動物に関する法と倫理 ―動物の権利論を超えて― 2015年9月
大石 亜希子 少子高齢化社会における女性労働と社会保障 2012年9月
伊藤 幹 現代健康教育における熱中症予防対策の重要性と飲用アルカリ性電解水摂取の有用性に対する検討 2012年3月
大場 美和子 内的場面と接触場面における三者自由会話への参加の調整 2011年3月
     
博士(文学) 
氏 名 タイトル 授与年月
小野 智香子 イテリメン語の動詞の構造―西部語北部方言の記述研究― 2016年9月
佐藤 みゆき ヴァレリー・ラルボー研究 ーブルボネ地方への帰郷 2015年3月
辛 大基 李箱「終生記」ー李箱作品の集大成 2012年3月
丹菊 逸冶 ニヴフとアイヌの異類婚譚 2010年3月
     
博士(公共学) 
氏 名 タイトル 授与年月
宮崎 文彦 「新しい公共」における行政の役割とデモクラシーの理想ー公共哲学アプローチによる政策研究と現代共和主義理論の架橋 2013年9月
博士(政治学)    
栩木 憲一郎 フィヒテ政治思想と日本―共和主義思想との関連から― 2017年3月
Page Top